毎シーズン予想不可能な角度からのアプローチで

業界の話題を攫う要注目ブランド「doublet」の

19AWコレクションから2ndデリバリーが到着。

 

以下2アイテムが、tmp店頭にて先行販売中です

 


SURPRISE EMBROIDERY SHIRT

 

<デザイナー>

チェックのウール⽣地を使⽤したシャツ。スクエアカッティングになっており、アウターのように⽻織ったりタックインしてシャツとして着たりと様々な着こなしが楽しめます。

胸に施した”Surprise!”のロゴにぶら下がっている骸⾻は、蛍光灯や⽇光の光を吸収し急に暗くなったときに光る蓄光効果のある⽷を何度も刺繍して⽷だけで出来上がっています。ポケットにしまったり⼿だけ出したりと楽しむことができます。そして暗闇で突然骸⾻が光り出すサプライズを体験してもらえたら嬉しいです。

 

<tmpスタッフ>

doubletの今期の展示会、様々な商品を目にした中で個人的に一番「着たい」と思ったのがこの一着でした。doubletと言えば「斬新で目立つ服!」みたいな雰囲気が出来つつありますが、自分はこの絶妙な配色のウールテキスタイルに惹かれました。(なのでtmpでは1色のみの展開です。)なんでこんな突飛なアイデアだらけの洋服なのに着るとこんなに格好良いのかが不思議に思えてきて、失礼かと思いつつもデザイナーである井野さんにお話しを聞くと、今では代名詞になっている「斬新なアイデア」はあくまでも「オマケ」であり、やはり「着て格好良い洋服」を作ることがベースになっているのだそうです。このウールシャツ、doubletの洋服の中では少し控えめな一着ではありますが、着て格好良い洋服に斬新な仕掛け(オマケ)をプラスするというdoubletの服作りが詰まった一着のように思います。ぜひ店頭で一度、実物(特に生地感と配色)を見てみてください。

 


SILK RIP-STOP MILITARY COAT

 

<デザイナー>

広島のデニム専門の織工場で作成したリップストップ織の⽣地を製品染めしたモッズコート。この⽣地は緯⽷にローシルクと呼ばれる上品な光沢のあるシルクにする前の節のある太い⽷で織っています。そのため、厚みはしっかりとしていますが、着ていくうちにシルクの柔らかい落ち感のある表情になります。

胸に施した”Surprise!”のロゴにぶら下がっている骸⾻は、蛍光灯や⽇光の光を吸収し急に暗くなったときに光る蓄光効果のある⽷を何度も刺繍して⽷だけで出来上がっています。暗闇で突然骸⾻が光り出すサプライズを体験してもらえたら嬉しいです。

 

<tmpスタッフ>

モッズコート欲しいなーと思い始めて数年。古着で見つけてもクタクタ過ぎて着る気になれなかったり、現行ブランドはそもそもモッズコートを作るようなブランドが無くて結局手に入れられてなかったのですが、doubletが本当に格好良いのを作ってくれました。デザイナーの解説にもありますが生地も単なるコットンリップストップ(軍モノに使用されている引き裂けに強いタフな生地)では無く、生地組織の中の横向きに走る糸にローシルクという糸を使っています。これもdoubletのスタッフにお伺いしたところ、コレクションの中の比較的シンプルな数着には生地をヨソが使わないぐらい拘りの強いものを採用して「doubletらしさ」を生地から感じられるように考えられているのだそうです。このモッズコートも2色作っているのですが、tmpでは1色のみの展開。今季のdoubletのホラーな雰囲気をより感じることのできるKHAKIのみを並べています(ナイトメアビフォアクリスマスに登場するウギー・ブギー的な麻袋の色を表現していると勝手に解釈しています)。フィッシュテール仕様の後ろ身丈もかなり長めで全身を覆い隠すような雰囲気抜群の一着です。ぜひこちらも店頭で一度実際に羽織ってみてください。

 


 

doubletはデザイナーの「店頭で実物を見て買って欲しい」

という思いから、

毎デリバリー店頭にて先行販売を行っています。

気になる商品が御座いましたらぜひ一度店頭まで。

 

※オンラインショップには8/13(Tue.)アップ予定です。