そのブランド名にも表現されている通り、

日本人の持つ気風を最大限に引き出す洋服づくりで

愛好家の心捉えて放さないブランド「ETHOS」の

19AWコレクションから1stデリバリーが到着。

 

以下2アイテムが店頭・オンラインショップにて販売中です。

 


DAVO PANTS #CHARCOAL

 

<tmpスタッフ>

ETHOSが毎シーズン定番展開するダボパンツ。超長綿を高密度に綾織りした上質な生地を全面に採用しているのですが、 コットン素材にも関わらず織りが超高密度なために生地表面に光沢がある不思議な生地となっています。着用と洗濯を繰り返すうちに徐々に繊維が毛羽立ち、光沢と引き換えに風合いが増していくため、着込む楽しみも味わえる生地となっています。

そもそもブランドがシャツ作りから始まったETHOSは縫製へのこだわりも非常に強く、東京下町の、このオートメーション時代に未だに家族だけで経営しているような職人気質の工場に縫製を委託。まるでその工場を軽視するような書き方ですがそうではありません。この工場で仕立てられる洋服の縫製は運針数(1インチ辺りの縫い目の数)が非常に多く、肉眼で見ると美しい一本の線のような仕上がりとなります。運針数を増やすと縫製に時間がかかる為コストパフォーマンスという観点では劣りますが、縫製自体の強度はもちろん向上します。そして、単に強度の向上だけでなく、「魂は細部に宿る」を体現するように全体の雰囲気というか、着映えを上品に仕上げるうえでこれが非常に重要な要素といえると思います。この工程が大きなシステマチックな縫製工場では再現できないらしいのです。着る人の気風を表現する洋服を作るために、古き良き日本の職人の気風を詰め込んでいるということだと思います。

今期tmpではダークトーンのチャコールカラーをセレクト。白で施されたステッチがアクセントになり、重たくなりがちな秋冬の装いにほんのりリラックス感を加えてくれる一本になっています。

 


WIDE DENIM #INDIGO

 

<tmpスタッフ>

こちらはETHOSが定番で展開しているWILD WIDE PANTSというパンツのシルエットをベースに、ヘビーオンスのセルビッジデニムによってアップデートされた5ポケットデニムパンツです。

製品後にワンウォッシュ済みとなっており深いインディゴが残ったカラーに仕上がっています。シルエットはワイドストレートシルエット。若干長めに採られたレングスによって、クッションを作って履いたり、ロールアップしてセルビッジを見せて履いたりすることのできる仕様となっています。

フロントはジップフライ仕様でジップには120年ほど前にアメリカで誕生した「UNIVERSAL」ジップを採用。ステッチにもヴィンテージデニムに見られるイエローステッチを部分的に使用しており、各所にヴィンテージデニムから踏襲した仕様が落とし込まれています。

そして特筆すべきはウエスト。ETHOSはただ単に古き良きを再現するブランドではありません。ウエストにはベルトループもついているのですが、ドローコードを内部に通しており、絞って調整できる仕様としています。もちろんベルトを通しての着用も可能ですが、敢えてベルトをせずにドローコードを縛ってスタイルのアクセントとすることもできるETHOSらしいエッセンスを投入した一本に仕上がっています。

 


 

気になる商品が御座いましたらぜひ一度店頭まで。