単なる視力補助という次元を超え、一人ひとりの個性の表現のために

毎期新たなアイウェアを提案し続けるブランド、

A.D.S.R.」から2020ssの1stデリバリーが到着。

 

以下、tmpに入荷した5型・計11アイテムです

 


BONA #Gold frame ( Clear / Mint )

 

BONA #Silver frame ( Clear / Mint )

日本人の顔と相性の良いクラシックテイストのメタルフレームを採用したBONAです。フレームカラーがゴールドとシルバーの2色。どちらのフレームも、そのまま伊達メガネとして使用できるクリアレンズのタイプと、展示会で見た際に一番良い色だと感じたミントカラーのレンズの2タイプをセレクトし、BONAを計4タイプご用意しています。ちなみに今回このページでご紹介している全てのアイウェアは、お近くの眼鏡店に持ち込めば度入りやカラーレンズに変更可能です。

 

LOU #Gold frame ( Clear / Mint )

 

LOU #Silver frame ( Clear / Mint )

一見上記のBONAと全く同じに見えますが、今季新作のLOUです。継続品番として人気の高いBONAをベースに、レンズを一回り(厳密には4mm)小さくしたフレームを採用しています。上で紹介したBONAはクラシックテイストながら、万人に受けるよう少し大きめのレンズを使用していましたが、こっちのLOUは形状自体も丸に近付き、よりクラシックな雰囲気が強めに仕上がっています。こちらもゴールドとシルバーの2フレームににクリアとミントのレンズで計4タイプご用意しています。ブランド的にもtmp的にも今季一押しの一本です。

 

ZAPPA #Shiny Black/Blue

アイウェアの2大定番形である、ボストンタイプとウェリントンタイプの丁度真ん中を狙って、良いとこ取りをしたA.D.S.R.の大定番ZAPPAです。以前から継続的にtmp店頭にも並べていますが、未だにこの形が似合わない人と出会ったことが無いと言い切れるほどオーセンティックな形です。今回はその中でも最も使いやすい光沢のあるブラックフレームに薄いブルーのレンズを合わせた1本をリストック。レンズの濃さも向かい合った人からぎりぎり目が見える程度。屋内で着用していても違和感のない、アイウェア入門にもおすすめな1本です。

 

RANDY #Shiny Black

上記のZAPPAと同じくボスリントンタイプのフレームを採用したRANDYです。A.D.S.R.が以前から強く提案する、フラットレンズのシリーズです。フラットレンズという名の通りレンズに曲面が無く、一方向に光を反射するため、それだけでアクセントになるレンズです。このRANDYはフラットレンズという少し変わったレンズを採用していますが、かなりベーシックなフレームと合わせているため、シリーズの中でも最もかけやすい形になっています。オーソドックスでシンプルな形ですがエッジを立てる様に磨き上げられているのでZAPPAよりも若干シャープな仕上がりになっています。

 

NAVARRO #Shiny Black

90年代のHIPHOPムーブメントを彷彿とさせる重厚なフレームを採用したNAVARROです。重厚なフレームながら面を際立ててエッジーなカッティングに仕上げ、本体を程よくシェイプアップすることによって街で着用することも想定したサングラスに仕上がっています。個人的にはテンプルの内側にある彫刻入りの芯棒にすごくはまっていて、全モデルに採用して欲しいと思うぐらいの良いアクセントになっています。

 


 

と、つらつら紹介させて頂きましたが

ご自身の顔形と合うか合わないか、

アイウェアばっかりは着けてみないとわからないと思いますので、

 

お時間があればぜひ店頭まで。